応援歌

大好きな福山雅治さんはいつもタイミング良く私に応援歌をプレゼントしてくれます。
(ファンはみんな同じように思っているのでしょうが・・・)

このichiRyuをオープンする時は、飲食など未経験だった私に
「まずは3年頑張ってみろよ~~ なんだってやってみりゃいいんだって」(♪無敵の君より)という応援歌をいただきました。
この歳で新しい事を始めるのはとても勇気がいります。
「私のせいで失敗したらどうしよう・・・。シェフの足をひっぱったらどうしよう・・・。」
そんなことばかり考えていたところへこの歌が耳に飛び込んできました。
「そう!!とにかく3年は頑張ってやってみよう。後のことは3年経ってから考えればいいや」と、ちょっと気が楽になったのを覚えています。

そして、去年の2周年を迎える頃。
「我が家のリビングでゆっくりリラックスしてもらえるような店にしたい」とのシェフの言葉に甘え、本当に自宅にお友達をお招きしたような雰囲気でお客様をおもてなし。。
「本当にこれでいいの?私のサービスは間違ってない?」と何度もシェフに問いただし、その度に笑顔で「それでいいんだよ。望んでいたサービスだよ」と私に自信をくれていたシェフ。
ところがその少しずつ少しずつ積み重ねてきた自信が、いとも簡単に崩れ去る出来事が。。。
そんな時にも福山雅治さんはタイミング良く応援歌をくださいました。
「自分らしくってこと 素直に生きること ~~ 倒れたって何度でも立ち上がれ」(♪明日の☆SHOWより)
毎日毎日ichiRyuを掃除する間、この <明日の☆SHOW> を聞いて、勇気をもらいました。

今年3周年を迎え、オープン時の応援歌 <無敵の君> を聞き返しながら振り返ってみると、いろんなことがあった3年だったけど、楽しい3年間でした。
自分らしく素直に生き、いろんな方にお逢いできていろんなご縁をいただきました。
よくぞこの未熟者を育てていただいたと皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
まだまだいたらないところがたくさんありますが、どうぞ宜しくお願いします。

そしてシェフ、いつも優しく見守っていてくれてありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA